Avaloncity Fortune Land

不肖「信頼出来ない語り手」明智紫苑のオリジナル小説ブログです。当ブログではライフワーク『Avaloncity Stories』第一部の作品を載せていきます。

アヴァロンシティ地球史博物館(掌編集)

あいつは「愚者」なんかじゃない ―司馬昭―

「もし仮に諸葛亮が生きていたとしても、この男を補佐していつまでも安泰にしておくのは不可能だったさ。ましてや姜維ごときではなおさらだよ」 とんでもない。 あの男は食わせ者だ。 表向きは能天気にヘラヘラ笑みを浮かべていたが、目は笑っていない。なん…

二人もいらない ―蒯通―

楽毅将軍、我が敬愛する稀代の名将。二人といない、いや、他に比肩する者など「いらない」「いてはならない」お方。 そう、あの小僧、気に食わない。 私はあの男に近づいた。 淮陰 ( わいいん ) という片田舎でくすぶっていた、あの小賢しい若造だ。ちょっ…

薤露行 ―田横―

「皇帝は、私の顔を見たいだけなのだ」 彼は、自分の従者としてついて来た二人の食客に語った。 「平和のために」命を絶つ。なぜなら、自分たちの存在が戦乱の世を再び呼ぶ事になりかねないからだ。 「犠牲は私一人で十分。他の者たちを巻き添えにはしたくな…

銅の匂い ―范蠡―

彼は、かつての主君 勾践 ( こうせん ) を思い出した。 あの王は、ある意味類まれな「正直者」だったのかもしれない。 他人に感謝するのが心底から大嫌いな男。人が他人に対して感謝の気持ちを持ち続けるのは、相手に対して頭を下げ続ける事に他ならない。…

たった一人の「極楽」 ―細川忠興―

彼は延々と歩き続けていた。雲一つない青空の下、一面に広まる花畑の中を、彼は黙々とさまよっていた。 ここは極楽なのだろうか? いや、とんでもない。「何だ、地獄と変わらぬではないか?」 珠 ( たま ) のいない世界なんて、極楽でも何でもない。今頃珠…

朔北に移り咲く名花 ―王昭君―

あの頃、私は閉ざされた庭にいた。 後宮。たった一人の男だけのために作られた、「生きた人形」たちの倉庫。私もその「人形」の一人だった。 漢の宮女としての暮らしは退屈なものだった。他の女たちとの、名ばかりの友人関係。「巧言令色、 鮮 ( すく ) な…

愚者の微笑み ―劉禅―

あの男、この私を呉王夫差や燕の恵王と同類扱いしていたか。「あの男は 簒奪 ( さんだつ ) の機会をうかがっていたのですよ。あの男が死去したのはつまり、全ての人にとって喜ぶべき事態であります」 なるほど、我が父と比べて「凡庸」な私にすら「逆鱗」…